浮気調査において男性の素行調査を行う際の注意点

ずっと順調だと思っていた夫婦生活に突如として影が差すことはよくあるものです。特にパートナーに浮気の疑惑が浮上すると、徐々にあらゆる言動が気になり始めて、精神的にも大きな負担を強いられることになります。そういった事態を回避するためにも、まずは探偵事務所や興信所などの調査機関を活用して浮気調査に着手することはとても有効な手段です。

これらの浮気調査は、基本的にターゲットとなる人物の素行調査として展開されていきます。専門スキルを持った調査員が本人に気付かれないように尾行や張り込みなどを駆使して日常生活を追い、どのような場所や店を訪れたのか、誰と逢ったのか、浮気を思わせる行動は無かったか、などといったチェックポイントを充たしていきます。

とはいえ、もしもターゲットが男性であったならば、その行動範囲には同性でなければなかなか足を踏み入れづらい水商売や風俗系のお店も浮上してくるものです。浮気調査においては、ターゲットがこういった場所に入店した際にでも怪しまれることなく素行調査を行うのが何よりも大切なことですので、こういった展開が予測される場合には、証拠をつかむためにあらかじめ男性スタッフに浮気調査を依頼しておくのが適切と言えるでしょう。
急な出費には今すぐお金が必要naviですぐにお金を借りる

浮気調査の相談相手は慎重に選ぼう

配偶者の浮気が疑われたときは、やはりその事実は確認しておきたいですし、もしもに備えて証拠はとっておきたいものです。

家庭で行える調査にも様々ありますが、ある程度の情報は得られても確たる証拠を取るのは難しいものです。

それゆえに浮気調査のことでは悩まれている方は多くなっていますが、そういった場合はひとりで悩まずに誰かに相談することで解決できる場合もあります。

とはいえ、ここで相談相手を間違ってしまうと浮気調査が失敗してしまう場合もありますので、行動は慎重に行っていきたいものです。

知り合いに相談に乗ってもらうという方法もありますが、身近な人に話してしまった場合はそれが他の人に知られてしまったり、配偶者の耳に入ってしまう場合もあります。

調査をしていることが知られてしまうと、調査は失敗してしまう場合もありますので、できるだけ外部に情報は漏らさないようにしましょう。

浮気調査の相談はやはり調査のプロである探偵に行うのが良いでしょう。

プライバシーについてもしっかり守ってくれますし、家庭では行うことができない質の高い調査が実現でき、証拠写真を撮影してもらうことも可能となります。

そして調査中はそのことを外部に漏らさないよう、行動は慎重に行いましょう。

探偵事務所での浮気調査で有利に進める!

たとえば、相手の浮気による「離婚」において、離婚を少しでも有利に進めたい、離婚に際して少しでも有利な条件にしたいと考える人はきっと多いことでしょう。それならば、まず利用する機関はどこだと思いますか?それは実は「探偵事務所」や「興信所」といった機関なのです。離婚に際して、まず最初に相談する機関として、多くの人は「弁護士事務所」をきっと思い浮かべることでしょう。しかし、弁護士さんたちは、法律関係のことについては詳しくとも、浮気調査に関しては、ほぼ素人と言えるでしょう。ですから、離婚を進めるにあたり「浮気の証拠」が必要となっても、たいていの場合、自分たちではなかなか用意ができないものです。そこでどこに頼るのかと言いますと、それはやはり「探偵事務所」や「興信所」というわけなのです。彼らは、とかく「浮気調査」に関しては脱帽するほどの仕事を見せてくれますから。ですから最近では、相手側の浮気を確信しているものの証拠がない段階においては、「離婚の相談」をおこなう先は、まずは弁護士事務所ではなく、「探偵事務所」であるという人が増えているのです。それに「浮気調査」だけではなく、さまざまな助言もおこなってくれるため、信頼が高いのです。

浮気調査の証拠で写真を手に入れる理由とは

浮気調査とは、自分の恋人や婚約者・配偶者が不貞行為を行っていないか調べる事です。婚約前や結婚前に素行調査として行われる他に、自分の恋人や配偶者に不貞行動が怪しいと思われる時に行われる事が多いようです。
最近では録音機器が安価で手に入る様になった事もあり、パソコンやスマホを駆使して自分自身で浮気調査を行う人もいるようですが、大抵の人はプロの業者などに浮気調査を依頼する場合が殆どです。
実際の浮気調査で行われる事ですが、まず””浮気””の調査なので恋人や配偶者などの対象人物の行動調査を行います。そして浮気行為が発覚した場合には、それを事実として残す為に証拠を入手します。この時証拠として役に立つのは、第三者から見ても不貞行為が明らかであると分かる、物的なものが望ましいです。例えばキスをしている場面の写真や、一緒にラブホテルに入る動画などが代表的です。また、本人の自白を録画か録音で残したものも証拠として有効なようです。これらの写真や動画は、例えば相手に慰謝料を請求する場合や、婚約破棄や離婚を行う場合などに、とても有利に働きます。裁判沙汰になる最悪の場合でも、これらの証拠があれば自分に有利に裁判は進むと考えられるので、手に入れておく必要があるのです。

浮気調査をする探偵事務所は低料金でも大丈夫か

浮気調査はおもに探偵事務所などが高い実績と、いままで培ってきたノウハウを持っています。料金的にも無駄の無い効率の良い方法を考え、出来るだけ負担をかけないようにしていますが、長い時間の調査などではやはり経費は掛かってきます。しかし最終的に詳細にわたる報告書や、満足のいく仕事に見合った対価だと納得できます。実際には内容や期間によっても価格が変わりますので、事前に相談をしてしっかりと理解をした上でお願いをします。決して安くはありませんが、想像をしているほど莫大ではなく、意外と低料金なことに驚きます。やはり数々の浮気調査によって洗練された技術や手法にあります。探偵事務所でも尋ね人やさまざまな依頼がありますが、トップクラスに挙がるのが浮気調査なのです。
それだけ夫婦の間のトラブルは多く、今では離婚などの原因の最大の要因にもなっています。これは調停などでも証拠として扱われ、相手からの言い逃れや嘘も徹底的に覆すことができるのです。慰謝料などの請求にも役に立ちます。
また早期解決の為にも良い手段です。もちろんプライバシーなどは厳重に守られていますので安心して依頼することができます。今後も件数は増加していく傾向にあります。

浮気調査から示談への流れ

一緒に暮らしているご主人の様子がいつもと違う・・・そう感じた事はありませんか。
女性のカンは鋭く、オカシイと思ったらやっぱり浮気だった!なんて事もあります。
具体的にはいつも携帯を手元に置いている、土日も休日出勤だと出かけるようになった、
妙に優しくなった、逆に子供や妻への関心が薄くなった・・・などなど挙げるときりがありません。

オカシイと思い始めたらまずは相手にばれないようにまずは調査です。
奥様おひとりで調べることができれば一番簡単です。
例えば浮気相手とのメールがしっかり残っている、不貞現場の写真が残っている等です。
相手がノーガードとも限りませんし、お子さんが小さい場合等は出向いて調べる事も難しくなってきます。
そういった時には浮気調査を依頼する事が先決です。
浮気調査の具体的な内容としては証拠の確保、本人の行動の調査、浮気相手の調査が主です。
何のための浮気調査か・・・・それは奥様の今後の人生を立て直すためのものです。
慰謝料請求をして、子供の養育費を請求して、安心して暮らすためのステップアップと捉えることが出来れば
前向きな判断を下すことにつながります。

調停・裁判で争う場合もありますが、浮気相手が勤務先や親族に知られることを恐れていたり
早い解決を望む場合には示談になります。
示談となった場合、金額は一律にいくらという決めがあるわけではありません。
勿論ない袖は振れませんので、相手の懐具合を考慮しての金額にはなります。
何れにせよ担当弁護士ときっちり打ち合わせをして臨む事が大切です。

浮気調査で探偵を探しているのなら総合探偵を

浮気調査を考えている場合に、どういった探偵に調査を依頼すればよいのか悩む人も多いかもしれません。実は総合探偵でも浮気調査は可能となっています。総合探偵では、人探しやストーカー対策、信用調査、結婚詐欺など多岐に亘る依頼を受け付けているので、浮気調査もそのひとつとして取り扱っています。
浮気調査とは一体どういった内容のことを調査するのか、どうやって調査するのかと不安になる人もいますが、その内容はプライバシーに関わることなので基本的には公には明かせないことになっています。しかし、直接その探偵に問い合わせたり相談することで、きちんと対応してくれる事務所もいるので、よく考えてから依頼をすると良いでしょう。
また、報告書などの提示がしっかりしている事務所を選ぶことも大切です。文字だけの報告書や、建物や関係の無い場面ばかり写った写真、ビデオなどは信用することが出来ないので、気をつけなければなりません。
浮気調査は場合によっては、長期戦とも言える調査になる可能性もあります。そのため、依頼する側は金銭面でも不安になることがあるでしょう。しかし、浮気調査は多くの場合、成功報酬として料金を受け取る事務所がほとんどとなっています。
これらに気をつけることで、安心して浮気調査を利用することが出来るのです。

浮気調査の人物調査について

浮気調査とは、既婚者の配偶者や婚約者などの浮気を調査することで、本人が調査することも出来ますが、通常は探偵事務所などに依頼することが多いです。
浮気調査をプロの探偵事務所などに依頼せずに本人で調査しようとすると、時間と費用がかかるだけでなく証拠写真を撮ったとしても、配偶者の顔と浮気相手の顔がハッキリ写っていなかったりする場合が多く証拠写真として有効に使えないことがあります。
また、浮気相手の顔がわかったとしても、どこの誰であるか、名前や住所や生年月日などが一切わかりません。
警察官などであれば、職務質問などの法的に認められた行為によって名前などを確認することができますが、一般人にはそのような行為が認められていないので、人物調査をしなければなりません。
人物調査をすることは、浮気調査をするなかでも困難な一つとされており、浮気相手の自宅や勤務先などを尾行したり張込みする必要があります。
自宅や勤務先がわかれば、そこから役所や電話帳などあらゆることを調べて行き浮気相手の名前や生年月日などがわかります。
これらのことを、専門的な知識や経験、訓練などを受けていない素人がするとなると、探偵事務所に依頼して調査結果がでる倍の時間と費用がかかります。

探偵事務所の浮気調査では浮気現場の録音も欠かせない

どんなに愛し合っている夫婦やカップルでも、ちょっとした出来心から浮気に走ってしまうことはよくあるものです。そんな時、パートナーに裏切られたと自覚するのは大変に心が痛むことではありますが、まずはその事実関係をハッキリさせた上で、早急に先手を打って行動することが求められます。その意味でも探偵事務所に相談して浮気調査を実施するのは効率的な解決方法と言えるでしょう。

探偵事務所が手掛ける浮気調査は主にターゲットとなる人物の素行調査が中心となります。依頼人に代わってターゲットの行動を尾行し、張り込み、さらに必要に応じて周辺の人物などにもさりげなく聴き込みを行い、浮気の有無を徐々に確認していきます。そうした中でもしも浮気相手との密会場面などに出くわした際にはそこで交わされた会話をしっかりと録音し、証拠として記録します。

さらに、もっと専門的な浮気調査になると、電話機などに盗聴器を仕掛けるなどして密室で交わされた会話などをつぶさに録音し、浮気の核心へと迫ることを可能とします。探偵事務所ではこのように手に入れた数々の証拠をベースとして最終的な報告書を作成します。そして依頼人の求めに応じて浮気したパートナーとの交渉場面に立ち会ったり、あるいは裁判沙汰になった際のアドバイスや弁護士の紹介などのサポートも行います。

浮気調査に料金が必要でも、それ以上に証拠は重要

配偶者が明らかに浮気をしているという確信があったとしても、実際に離婚裁判になった場合にその事実を全否定されてしまえば、証拠のないままでは不利な戦いになってしまいます。
そのため配偶者が浮気をしていることが明らかならば、料金はかかりますが、浮気調査を依頼して不貞の証拠を入手しておくことはとても重要です。
浮気調査の依頼先として一般的なのは探偵事務所ですが、探偵事務所に浮気調査を依頼すれば、調査費用に加えて、調査時にかかった調査実費も支払うことになります。またその金額は調査内容により変動があり、一律というわけではありません。
浮気調査を依頼しなければ料金は発生しませんが、配偶者が浮気をしていたことを第三者にもわかってもらえるようにするためには、やはり調査のプロである探偵の力を借りるのが確実であると言えるでしょう。
浮気調査を依頼し、不貞の明白な証拠を入手しておけば、離婚裁判や離婚調停、また離婚を前提とした話し合いになった場合など、どんなシチュエーションにあっても、浮気をした配偶者よりも圧倒的に有利な立場で戦うことが可能になります。
もし浮気をしているという明らかな証拠を入手しようと決めたのなら、できるだけ早い段階で浮気調査を依頼しておくとよいでしょう。